材料による効果の違いもある!

ジュースクレンズは、今ニューヨークやハリウッドで流行っているダイエット法です。日本でも、タレント兼モデルのローラちゃんが行うなど、人気が出つつあります。

 

ジュースクレンズは、簡単にいうと新鮮な野菜や果物を使ったジュースを食事代わりに飲むダイエット法です。ダイエットのほか、健康や美容にも効果があるといわれています。ジュースクレンズの「クレンズ」とは「洗浄」の意味で、ジュースで消化器官を休ませて体の再生力を高め、体の中からきれいになることを目的としています。

 

ジュースクレンズのやり方はとてもシンプルです。最長で3日間、食事の代わりにジュースを飲むだけです。ジュースクレンズ中は、ジュース以外のものは口にしてはいけません。クレンズ期間を終えたら、お粥などから始めてゆっくりと通常の食生活に戻していきます。

 

ジュースクレンズの材料は、ニンジン、キャベツ、セロリ、リンゴ、オレンジなど、新鮮な野菜や果物を用います。グリーンスムージーの流行もあって、ジュースクレンズでも小松菜やケールなど、緑の葉野菜を材料にしたものが人気です。美肌にはグレープフルーツと小松菜、アンチエイジングには赤ピーマンとトマトなど、目的によってもさまざまに材料を組み合わせることができます。ポイントは、コールドプレスと呼ばれる、低速でゆっくりと搾る方法で作ること。少々お値段は張りますが、スロージューサーがあれば自宅でも気軽にジュースクレンズを実践することができます。

 

ジュースクレンズによる断食は、消化器官を休めるので、材料に消化に悪いものを使うのは負担を与えてしまいます。
ジュースクレンズの材料はもちろんなのですが、始める前の準備食や、デトックスプログラムを終了した後の回復食も消化にいいものを食べるように
意識して実践してくださいね。

 

成功のコツでもあるので、準備段階と終了後に気を抜かないようにしていってください。