ジュースクレンズの正しいやり方を見てみよう

ジュースクレンズというのは、設定した期間の間コールドプレスジュースだけで過ごして、
その高いデトックス効果やダイエット効果を体感した方が多く、芸能人の方もモデルさんも多くの方が実践されている注目のプログラムです。

 

ジュースと名前がついているからと言っても、砂糖がたっぷりと入っているような清涼飲料水などのジュースとはわけが違います。

 

このページではそんなジュースクレンズの一般的なやり方をわかりやすく説明していこうと思います。

 

中には間違ったやり方や効果を感じれないような方法が説明されているサイトも多いので
正しく、しっかりと効果を感じれるように解説していこうと思います。

 

ジュースクレンズの効果的な方法

ジュースクレンズをしっかりと効果を感じれるようにするやり方というのは、ただたんにコールドプレスジュースを飲んで断食すればいいという事ではありません。

 

そこでまずは、ジュースクレンズの方法としての準備段階、そして実践段階、終わった後の終了後の注意点に分けてわかりやすく特集したいと思います。

 

準備段階

まずは何日間のジュースクレンズをするのか設定期間を決めます。
初めての場合は少ない日数で設定しなければ、無理な期間を設定したことで断念しては意味がありません。

 

生理中など体の調子も考慮して決めていきましょうね。

 

そして設定する期間が決まったら、ジュースクレンズをするためには、コールドプレスジュースを用意しましょう。
低速スロージューサーで作られたコールドプレスジュースは、通販で専門店からお取り寄せすることもできますし、
低速スロージューサーは家電量販店でも販売されるようになりました。

 

価格を安く済ませようと思うのならば、私がおすすめしているように酵素ドリンクでも大丈夫です。

 

その後、準備食と言われる胃腸に負担をかけないおかゆやスープなどに食事を変えて、胃腸の負担を減らすようにします。
急に断食を行うと、体がびっくりして異変だと勘違いしてしまうんです。

 

できるなら丸一日準備食で過ごせば、体がそういった環境になったときに自然にジュースクレンズを行える状態になっていることでしょう。

 

実践段階

さぁ、ここからが本番です。
コールドプレスジュースだけのジュースクレンズの開始です。
基本的に、朝からコールドプレスジュースのみで過ごすのですが、時間での目安は、2〜3時間起きに飲むようにしてください。

 

クレンズ期間終了後

ジュースクレンズとしての設定期間は終了したので、ほっと一息したいところですが、ここで気を抜いて、終わったから肉を食べまくるぞ!!
なんていう行動をしていては、せっかくのデトックス効果がリセットされてしまいます。
実際に気を抜いて、太ってしまった方もおられるようなので注意ですよ!!

 

終わった後も気を抜かずに、回復食と言われているように、準備食と同じように胃腸に負担のかけないような食事にして徐々に身体を
慣らしていってください。
これもジュースクレンズを成功させるコツの一つなんです。

 

おかゆや和食中心の食べ物など、自分の体調に合わせて調整してみてください。

 

ジュースクレンズに向いている方

ジュースクレンズは野菜や果物などに含まれている生きている生酵素を摂取できて、かつクレンズとして期間を設定して
断食をすることによって腸内環境をリセットするデトックスで、毎日溜まっていく老廃物も排出することができるので、多くの皆さんにおすすめできるプログラムともいえます。

 

しかし、以前流行したファスティングや置き換えダイエットなど、実践したけれど結果が出なかった方もおられるはずです。

 

なのでジュースクレンズがこれだけ話題になっても、自分には向いていないかもと不安に感じる方もおられることでしょう。
そこで向いている方はどういった方なのかなどをまとめてみました。

 

  • 疲れが抜けにくく感じている方
  • むくみや冷え性を何とかしようとしたい方
  • 食生活が崩れている方
  • 便秘をはじめ、お腹が張っている方など腸内環境を整えたい方
  • 努力してダイエットしてもなかなか結果が出にくい方

 

このような項目に少しでも自分かなと当てはまる方は、ぜひデトックスをおすすめしたい方と言えます。
ジュースクレンズを行う設定期間も影響しますが、デトックスを感じやすく、実践した方も一度で終わりではなく、
数か月ごとの間隔でまたクレンズしたいと考えている方が多いというのも人気のある証拠でもあります。