スロージューサーだからできる豆腐アレンジ

スロージューサーを使えば、料理のレシピの幅がとても広がります。

 

たとえば豆腐といえば、冷ややっこや湯豆腐また揚げだし豆腐が定番です。
大豆にはイソフラボンがたっぷり含まれているので、毎日取り入れたいと思ってはいても、つい飽きてしまいます。スロージューサーを使って、豆腐スムージーを作るなら手軽に大豆製品を取り入れることができます。

 

作り方は、好みの野菜やフルーツと一緒に豆腐を入れるだけです。バナナやオートミールはおすすめです。はちみつやシロップなどを少量入れると飲みやすくなります。ところでスロージューサーとミキサーの違いは何でしょうか。どちらも固形の食材を、歯の回転によって砕きます。違いのひとつは、繊維が分離されるということです。
たとえばミキサーでリンゴスムージーを作る場合、リンゴが砕かれ液状になります。粘度の高いジュースが完成します。一方でスロージューサーの場合、液体と繊維に分かれるため、出来上がりはサラッとしています。どちらにもそれぞれ魅力があります。好みによって、スロージューサー派かミキサー派に分かれるかもしれません。

 

スロージューサーの優れた点は、名前の通り歯の回転が遅いことです。通常野菜や果物は熱に弱く、容易に栄養素が壊れます。歯の回転により熱が生じすると、せっかくのビタミンが壊れることにもなりかねません。その点スロージューサーは、熱が生じないように回転するため、栄養をそのまま取り入れることができます。現代人はとかく野菜や果物が不足しがちです。ある調査によると、日本人の栄養摂取量が減少していることがわかっています。それには外食産業の発展や共働きが増えたこととも背景にあります。栄養が十分でないと、免疫力が低下し、風邪ひきやすくなります。栄養を十分にとることは、病気になった時の医療費よりも安くつきます。一日にいろいろな食材を取り入れましょう。スロージューサーを活用するなら、直接食べるよりもたくさんの野菜や果物を摂取できます。季節や体調に合わせたスムージーを作るようにしましょう。たとえば仕事明けで、目を酷使したような時は、ブドウやブルーベリーのスムージーが目の疲れに効きます。また紫外線をたくさん浴びた時は、美白効果のあるトマトのスムージーがおすすめです。こうした新鮮な野菜や果物を利用したスムージーは、サプリメントよりもよく吸収します。また作るときは、食材をよく洗ってから使いましょう。