夏太り対策にジュースクレンズ?

ダイエットのシーズンでいえば、夏直前になってみんな焦ってこのお肉をなんとかしなきゃとか思ってしまいます。
では、夏にはどういった現象が起こるのでしょうか。

 

実は夏というのは汗をよくかきやすいから、冬のほうが太るイメージがあるかと思いますが、夏のシーズンのほうが太りやすいという傾向もあるんですよ。
統計によれば、夏に体重が増加するという方は全体の25%という高い数字があるんだそうです。

 

夏といえば夏バテ。
だから夏には痩せる人が多いのではないかと思われがちですが、実は夏太りで悩んでいる人も少なくありません。
夏にはどうしても冷たい飲み物を多くとりがちですが、すると体が内側から冷えて血流が悪くなり、
体は内臓を冷えから守るために脂肪をたくわえようとします。

 

一方、冬であれば体の外の気温が低いため、体温を保つために熱を放出して体を
包み込む必要がありますが、夏は体外の温度が高いので熱を放出する必要がなく、
そのためエネルギーの消費量が少なくなります。したがって代謝が落ち、太りやすい状態になってしまうのです。

 

夏太りの原因

夏バテは、冷たいの鋳物だけではなく、室内の冷房と外の外気温の差が激しくなる季節でもあるので、
体の体温調節機能がうまく機能していないということも問題視されています。

 

食べ物や飲み物としても、体が感じる温度としても夏というシーズンはこの温度差が大事なキーワードとなるんです。

 

一般的には夏は太りやすい方が多いのですが、気温だけを見ると汗をかきやすく、太るよりも痩せやすいというイメージがあるかもしれません。
しかし、太るのか痩せるのかを決める大事な要素としては、カロリーが大きくかかわってくるのは
ご存知の方が多いと思います。

 

このカロリーというのは、脂肪やエネルギーを消費するために使われるもので、
熱エネルギーとそれらを交換するんですね。

 

つまり温度差が激しいほどカロリーは消費されやすいといえます。
ここで季節を考えてほしいのですが、冬は寒くて夏は暑い。
当たり前のことなのですが、体温との関係を考えた時に夏は人間の体温に近く、
寒い冬というのは体温と外気温の差が大きいといえます。

 

この関係から夏というのはカロリーを消費しにくいということが常識としていえるんです。
もちろんエアコンのクーラーや外気温の暑さなどの差、食事の内容など様々な要素が
ここに関係してくるので、夏だからと言ってすべてがいいまとめることはできません。

 

また、夏には熱中症を予防するためにも水分を多めに摂取する必要があります。
その一方で夏の季節にむくみを起こしやすい女性も多いのもまた事実。

 

これは筋肉量の低下によるものでもあるんです。
水分を多く摂取することは大事なことなのですが、それらを排出するためには
一定量の筋肉が必要になります。

 

この筋肉が少ないと余分な水分を排出するためのポンプがうまく機能してくれないという状態が起こってしまうんです。

 

夏の時期のダイエットというのは、このカロリーの問題、筋肉の低下の問題が
夏太りの原因になっているんですね。

 

 

夏バテの解消にジュースクレンズがおすすめ

こうした夏太りを解消するのにオススメの方法がジュースクレンズです。
ジュースクレンズは野菜や果物の持つ栄養素を損なうことなく吸収できるため、
デトックス効果によって体内の余分な水分や老廃物を排出し、
めぐりをスムーズにすることができます。

 

また、酵素をたっぷり補給することで代謝をアップし、
脂肪燃焼を促して太りにくく痩せやすい状態へと体を導くこともできます。

 

さらにジュースクレンズならビタミン・ミネラルも豊富に摂れるので、
夏バテ解消にも一役買います。冷たく冷やしたジュースを飲むだけだから
夏も快適。健康的に夏太りを解消するならジュースクレンズがオススメです。