コンビニでコールドプレスジュースは買えないの?

芸能人などが注目するジュースクレンズですが、三日間続けることで、デトックス効果があるため、プチ断食のかたちがおすすめです。
本来の断食ですと、食することをすべて絶って行うものですが、このジュースクレンズは、果物や野菜の栄養を摂りながらのプチ断食のため、断食に比べて、手軽に出来るというところも
人気の理由になっています。

 

多くの方が体感するダイエット、アンチエイジングやデトックスにとても効果があります。
効果的な飲み方ですが、ジュースクレンズを摂取している間は、他の物を摂ってはならないとなっています。
野菜や果物は、普段の食事で摂ることはできますが、調理法によっては、かなり栄養価が失われてしまうことが多いのです。
加熱することで失われる栄養、加熱することで吸収しやすい栄養と、栄養面を考えると料理の方法自体を難しく考えてしまいかねません。
また、目安としている一日の量を摂ることも、現状では難しいものです。

 

食事の内容も洋食が多く、カロリーが高い、脂質や糖質の摂りすぎなどと、偏ったものになってしまいがちです。

 

このジュースクレンズですと、野菜や果物の栄養価が失われず、美容や健康のためにも大変、効果が期待できます。
では、このジュースクレンズをどこで購入するかというと、新鮮な野菜や果物をコールドプレスという特殊方法で、処理し、販売しているジューススタンド、あるいは通販などで手に入れることが出来ます。
また、コンビニでも様々な種類のジュースが販売されているため、このジュースクレンズも置いているように思いますが、コンビニに置いているジュースはいわゆる一般のジュースなので、ジュースクレンズとは違い、野菜や果物の栄養価は低くなっています。
そのように、コンビニで販売されているジュースは、内容が違っていますので、プチ断食、その他の効果を期待するジュースクレンズはコンビニでは手に入らないというのが現状です。

 

以前コンビニのローソンでもグリーンスムージーが販売されましたよね。
それまでは専門店か通販でしか手に入らない、それ以外だと手作りするしかなかったグリーンスムージーですが
コンビニで販売されることで、誰もが購入できるようになりました。

 

しかし、コンビニのそういったドリンクは、手軽に買えるのですが中身は果糖ブドウ糖液糖などが含まれていて、
甘く味付けがされていたり、保存料が含まれていたりするんですね。

 

ジュースクレンズのコールドプレスジュースだと、面白いのが楽天市場。
楽天市場でコールドプレスジュースを検索して探してみると、偽物ばかりw

 

確かに本物はありましたが、私が探してみたところ1メーカーからのみでした!
あとは通常の野菜ジュースだったり、果物ジュースをコールドプレスジュースの表記だったり、ジュースクレンズに最適のような表記で
誘導されているようなものばかりでした。

 

ジュースクレンズのドリンクは作り置きできるの?

ゆっくりとした回転によってやさいや果物を時間をかけてじっくりと搾ることで、素材の成分を壊さずにしっかりととることのできるジュースができるのがスロージューサーの特徴です。フレッシュな素材を使ったジュースというと、材料を入れてボタンを押すだけで簡単にスムージーなどを作れる高速ミキサーやブレンダーなどを思い浮かべる人が少なくないのですが、スロージューサーはミキサーのようにカッターの刃を高速で回転させて材料を攪拌するのではなく、じっくりと圧搾することでジュースを搾って作る方法なので、素材の持つ栄養素を破壊しにくく、ビタミンや酵素などの栄養がぎっしりと詰まった濃いジュースを作れるのが魅力です。
ミキサーで作ったものと異なり、絞り汁と搾りかすとが別れて出てくるシステムなので、出来上がったジュースはミキサーやブレンダーで作られたジュースよりもさらっとしていて飲みやすいのが特徴です。スロージューサーで造ったジュースはさらっとしているけれども、野菜や果物の水溶性の食物繊維はたっぷりと含まれており、野菜サラダを食べるのと同じ栄養をたっぷりと身体に取り込むことが出来ます。
成人病の予防のためにも食事の前にたっぷりと野菜を取ることが推奨されていますが、大量の新鮮な野菜を毎日食べ続けるのはけっこう大変なものです。そんなときこそスロージューサーでたくさんの材料を使った栄養豊富なジュースを飲むのがおすすめです。
ただし、新鮮な野菜や果物を使って作るスロージューサーのジュースは、作り置きには適しません。一度にたくさん作って作り置きをしておくと、ビタミンや酵素などが減ってしまうし、酸化が進んで見た目にも美味しそうなジュースではなくなってしまいます。
たくさんの材料を使って大量にジュースを作り置きしておけば、いちいち作る手間も省けて便利な感じはしますが、新鮮な素材の持つ豊かな栄養素が減ってしまうのだとしたらとてももったいないことです。
また、ミキサーと異なり、スロージューサーは部品の数も多く洗ったり組み立てたりするのが面倒に感じるという人も少なくありません。そのためスロージューサーの購入を検討するときには、部品の数が少なく洗いやすく組み立てやすいなど、日常的に使うのにあまり手間のかからないものを選ぶことも重要なポイントになります。出して使って洗うのがとてもたいへんなスロージューサーだと、使う頻度が減って、つい作り置きをしたくなってしまいますが、新鮮な栄養をたっぷりと取るためにも、その都度作って新鮮なうちに飲むことがおすすめです。