栄養価が注目のスロージューサー

栄養を逃さずに素材の持ち味を活かすために、スロージューサーは非常に有効なもので、実際に利用する価値は十分にあります。一般的な考えでは、素材は素早く調理したほうが良いとする場合がありますが、この機械の場合には明確に違います。高速で刃を回転させてしまえば、稼働中に熱を発生させることになるため、健康に良いとされる酵素やビタミンCを破壊してしまう可能性があります。

 

スロージューサーを使って調理をする原理は、伝統的には水車で米搗きをする方法と酷似しています。精米機を使う場合にも、白米の状態になった段階では、非常に温かくなることがあります。精米で熱を発生させてしまえば、米の風味も変質してしまうことになるため、最近では熱の発生を軽減させる機種が出回っています。スロージューサーの動作は水車の米搗き作業と同じように、素材に摩擦熱を加えることがなく、本来の甘味も含めて残せることが利点です。

 

スロージューサーを使うようにすれば、消化酵素の宝庫になるキャベツの栄養も保持して、胃腸に優しい飲み物として利用できるようになります。キャベツに含まれている食物繊維も含めて、健全な状態で残せることは、野菜不足で困っている人にとっても嬉しいことです。キャベツと同様に消化酵素が豊富な大根を使う場合であっても、スロージューサーの優しい動作のおかげで、栄養を余すことなく残せるようになります。

 

ビタミンCが非常に多く、独特な色素成分も含むトマトを材料として使う場合でも、スロージューサーは大活躍してくれます。低速で回転する影響で、旬の完熟トマトの鮮烈な風味も残しながら、酸味と甘味が調和した状態になるのも特徴です。朝の時間に飲むトマトジュースは、一日の活力源になりますが、余計な動作でビタミンが減っては困ります。そのために、スロージューサーを最初から利用するようにして、食材の持ち味を最大限に活用することが大切です。

 

スロージューサーを使う習慣を広めれば、忙しさに追われている現代人に希望を与えて、栄養不足の問題も解決できる可能性が高まります。漸進的な状態で素材の組織を柔軟にして、旨味成分も引き出すことになる仕組みは、料理を愛好する人にとっても朗報です。ソースの材料として野菜を使う際には、十分に細かくする必要がありますが、高速回転の影響で風味が損なわれることがあっては料理人も困ります。スロージューサーを調理場に導入すれば、日本料理のカブの料理を作るときにも重宝するはずです。