クレンズジュースでのダイエットは栄養がすごい!

クレンズジュースとは、ジュースクレンズのためのためのダイエット向けジュースです。
ジュースクレンズとはモデルやハリウッドのセレブに人気の高いダイエット方法であり、
アメリカにはクレンズジュースの専門店があるほどです。
ハリウッドスターが朝から通い詰めるとか、モデルさんがたくさんクレンズジュースを飲んでいるとか
最先端のアメリカでこのように流行していると、必ず日本でも爆発的なヒットにつながるのが
最近の流れですよね。

 

日本でもクレンズジュースを扱う店舗や通販、カフェができるようになりました。
クレンズは「洗浄」の意味があり、つまりデトックス効果が期待できるため、美容にも健康にもいいと言えます。
ではクレンズジュースはどのようにして作られるのでしょうか?材料として野菜や果物、水(または氷)があり、ジューサーなどを使ってジュースを作ります。よく使われる野菜としては、キャベツ、リンゴ、人参、レモン、セロリなどがあり、ビタミンやカロチン、食物繊維が豊富なものです。ジューサーにかけやすいようにあらかじめ野菜はカットしておき、ジュースにするだけで完成です。作成のポイントは、ジューサーにかける際に低速で回転させることです。逆に高速回転を行うと、野菜や果物に含まれる酵素を破壊してしまう恐れがあり、ダイエット効果が期待できなくなります。加熱せず、水と氷でつくるのも、必要な栄養素と酵素を殺さないためです。そのことから考えると、ジュースクレンズは酵素ダイエットの手法とも言えます。ただし、野菜や果物の絞りかすは利用せず、あくまでもジュースの方だけ摂取します。

 

素材による栄養

主なクレンズジュースの材料の組み合わせ例やテイスト、効果について紹介していきます。
・きゅうり、りんご、パイナップルのジュース
きゅうりに含まれるカリウムは利尿作用やむくみを取る効果がありデトックス効果大です。ただし、きゅうりだけでは味気がないため、りんごなどのフルーツで甘くてジューシーな味わいになっています。
・ミント、オレンジ、シトラス
ミントには消化不良を緩和したり、頭痛を軽減する作用、空腹を緩和する効き目があります。ジュースクレンズは一定期間続けるものでありストレスが貯まりかねないため、是非とも使いたい素材です。一緒に使うフルーツとして柑橘類を用いるとビタミンCが摂取でき、肌質の改善につながります。
・パセリ、パイナップル、柑橘類
パセリは鉄分やカリウム、各種ビタミンなどを含むため、貧血改善や免疫力の向上効果があります。こちらも、パインなどの果物でビタミンを追加し、味を飲みやすいものにします。

 

他にも様々な組み合わせがあり、自分でジューサーを用意すれば独自のジュースが作れます。しかし、作る余裕がない方、より品質の高いものを追求したい方は市販のものをお使いいただくと良いかもしれません。